FC2ブログ

【くま子の冒険 91】

2007-12-26(Wed)
9月2日
 昨晩は東都近郊の旅館に泊まったんだけど……
 美奈って変態だったんだ。
 アソコが、あんなことになるなんて信じられないよ。
 それはともかく深夜まで美奈とベッドの上で戦ってたせいで起きたのが9時過ぎ。
 追い出されるように旅館を出てワールドウェポンエキスポの会場へ。
 会場には熊谷爺さんが来ていて武器の展示作業をしている。
「爺さん、雷神の腕を見つけてきたよ!」
「このバカ者! どれだけ心配したと思っとるんじゃ!」
「そ、そんなに怒らなくてもいいじゃん」
 折角、爺さんに会えたと思ったら30分くらい怒られたよ。
 年寄りの話は長いなぁ。
 しかも、ボクが取ってきた雷神の腕は受け取れないって言い出すし。
「鯖島屋に300円で売っちゃうよ!」
「そうしたければそうするがよかろう」
「私がどうかしましたか、伝説の武器屋さん」
 来なくてもいいのに近くで出展の準備をしていた鯖島屋がやってきた。
「この子がおまえに雷神の腕を300円で売りたいそうじゃ」
「ほぅ、それは興味深い話ですな」
「売るわけないだろーっ!」
「では3000万でお譲りいただきたい」
「えっ、3000万?!」
「バカ者! マハラレルの雷神の腕が3000万ごときの値段なわけがなかろう!」
「爺さんは、いらないって言ったんだから黙っててよ」
「では、3500万で……」
「準備の邪魔だから後にしてくれんかのう」
 爺さんに追い払われて鯖島屋は退散していった。
 で、爺さんの話ではマハラレルの雷神の腕は1億円以上の値がつくのは確実みたい。
 好事家ならもっと出すかもしれないという話だよ。
 すごいものを手に入れちゃったな~。
「爺さん、本当にいらないの?」
「おまえさんが手に入れたものじゃからな。ワシがただでもらうわけにはいかんし、買うにしても手が出んよ」
「でも、ボクがもってても仕方ないし……」
 しばらく話し合った結果、爺さんにレンタルするということで伝説の武器屋のブースで展示することになったよ。
 急いで魔境を抜けてきた甲斐があったって感じかな。
 う~ん、長いようで短い冒険の日々だったなぁ。
 来週からは、またシェフィーダ先生のとこで勉強か。
 ちょっと憂鬱だなぁ……。
 ま、平和に過ごせるだけましなのかな。


 --- くま子の冒険・魔境ハコネ編 完 ---
拍手する

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
バナー
 リンクの際には以下のリンクバナーをご利用いただければ幸いです。
バナー

 駒亦賀緒探偵事務所HP
クマダガ商店
リンク
vivit




時事放談と言えば、のら犬兄弟のギョーカイ時事放談
CMSの導入ならコアブロCMS
RSSリンクの表示